“僕は車がとても好きですが、カスタムするほど好きというわけでもありません。
純粋にドライブを楽しんだり、車の外観などを見て楽しむ程度のレベルです。
その為、車に関する特別な知識があるというわけでもありません。

そんな僕でも車を安全に利用する為に日頃から点検を行っている箇所があります。
まずはバッテリーです。
バッテリーが上がってしまうとどうしようも無くなってしまいますので、やっぱり日頃からしっかりと点検を行っておく事は大切だと思います。

特に僕の場合は一度出先でバッテリーが上がった事がありますので、その時の体験をしたくないという気持ちがあり、日頃から点検をするようにっしているのです。
その点検の際にはバッテリーチェッカーを利用していますので、あまり車の知識が無い僕でも点検する事ができます。
チェッカーがあればすぐに状態をチェックできますので、一つ位は持っておく事をオススメしたいです。

他にもタイヤの点検も行っています。
タイヤの点検箇所はいくつかありますが、まず目視を行い異物が無いかのチェックをしています。
一度だけガラス片が刺さっており驚いた事があります。

他にも空気圧も定期的に確認するようにしています。
空気圧は燃費にも関わる要素ですので、燃費の為にも適正値を維持しています。
札幌で車高価買取は

免許は持っていたものの、時々乗るぐらいのほぼペーパードライバーであったため、家族が車を買う時も何も考えず、デザインぐらいにしか興味がありませんでした。
それが自分メインで乗る、しかも新車を買うとなったらいきなり本気モード全開。
安く買うために車購入のあれこれ、特に見積もりを安くさせる方法を研究して、いざディーラーへ。
本命の車があったものの、ディーラーにそれを悟られては値引きしてもらえないと聞き、冷静な態度で見積もりをしてもらいました。
最初の見積もりは形だけと聞いていたので、深く追求せず、その見積もりをもってライバル車のディーラーへ。
今まで乗っていた愛車は仙台で買取をしてました。
ライバルディーラーさんの営業さんがとってもいい人で、見積もりだけ取りにきたことに少々の罪悪感があったものの、見積もり開始。
消費税増税前だったので、お客さんも多く、どちらのディーラーも値引きを思うほど引き出せない。
この値段なら即決買い!という方法は小心者のためできず、ちまちま訪問しては値引きしてくださいよ~。無理ならライバル車にするしかないかな作戦を約1か月半続けて、ようやく納得できる値段になり契約しました。
休みのたびにディーラーめぐりは正直面倒でした。
時間を費やして良かったことは、本命ディーラーさんに足しげく通ったたため、行くたびに買う予定だった非売品の車のミニカーをくれたので全色そろったこと。並べて飾るとなかなか素敵です。
今度車を買う時はまた違う方法で戦いたいですね。

車の購入時において、初心者に新車は無用の長物です。
なぜなら、初心者は車をぶつける回数が多いのです。
せっかくの新車も、度々ぶつけていてはあっという間にガタがきてしまいます。

それでは新車が可愛そうですから、中古車が推奨されます。
さらに、免許取立ての場合には運転が荒くてアクセルワークがめちゃくちゃです。
それが意味するものは、エンジンの早期故障です。
0-99
なぜなら、一定量でアクセルを踏み込まない初心者の運転はエンジンの回転を著しく低下させるのです。
これでは、いくら低燃費を謳っている車でも意味がありません。
ですから、最初から適度にがたが来ている中古車を購入することが初心者にとっては幸せな事なのです。

それに、ディーラーも始めての車購入者に対しては多くの場合で割引を適用します。
運転技術が未熟であればあるほど値引きをしてもらいやすいですから、臆することなくそのことを伝えるべきです。
そもそも、車の購入というものは新車でも中古車でも多額のお金が必要となります。

そして、維持費も多くのお金が必要になりますので、ある程度安く抑えることができる中古車に軍配が上がるのです。
良く考えてから購入をすることが、富山でフィットの購入には重要な事なのです。

ホンダ車を乗り継いできたこともありますが、フィットが非常に気なっていて乗ってみたいと思っていました。
先日初回の車検のために愛車を入庫した際に、偶然にもフィットを代車として渡されたため子どもを連れてドライブをしてきました。
フィットと言えばアイドリングストップシステムが搭載されていますが、やはり軽自動車のために違和感は隠せないと感じます。

エンジンの停止に関しては、掛かっているのか止まっているのか全く分からないほど違和感が無く良好な感じですが、ブレーキを離してエンジンが始動する時には明らかに振動が伝わってきます。
プリウスくらいの車格になれば、ほとんど違和感を感じない出来栄えになっていますが、やはり軽自動車では少し無理があると感じます。
気になった点と言えばこれぐらいで、やはり燃費の良さには驚かせられます。

何も気にせずに走っても20km/Lは超えているようですので、少し時代の古い軽自動車と比べれば驚異的な数値だと言えます。
車内で感じたことは、明らかにコストダウンが分かるのですが、デザインや色合いから安っぽさを感じさせない点が好印象を持たせてくれます。
本来の目的で言えば走るだけでよかった普通自動車ですが、豪華な内装に最新のシステムを搭載していて時代もここまで変わったんだと実感しました。
フィット買取

車の老朽劣化に伴い、知り合いの車屋さんから中古車を探していただくことになりました。
前の車の車検が4月で切れるため、そのタイミングで乗り換えようと同年の1月から業者のオークションで探していただくことにしました。
新しい車種はBMWの5シリーズで割と中古車市場では台数のあるモデルだったのですが、色は白・純正ホイール・内装はアルミパネル・レザーシートはダメ・スポーツパッケージ希望・後期モデルで価格は250万円以下で…などと、条件をかなり多く付けてしまったため、結果的にかなりの時間を要することになってしまいました。実際落札し、納車されたのは6月下旬です。前の車の車検が切れてからおよそ2か月間は車無しで過ごすことになってしまいました。
自分では余裕を持って探し始めたつもりですが、中古車であるにもかかわらず条件を割り切れなかったことが原因です。今でもその条件にピッタリの車が出品され落札できたことは奇跡的だと思っています。
こんな車が中古車で全ての条件を満たすことは困難であり、かなりの時間を要しますので、初めから条件に妥協点を作っておき○○月までダメだったら○○の条件を止める、というようにキリをつけておくことが大切だと思いました。半年も探し続けてくれた知り合いには感謝していますが、面倒な条件ばかり付けて迷惑をかけ申し訳ないという気持ちの方が多いです。
次回の教訓として覚えておこうと思っています。